釣り

2019年12月11日 (水)

気温8度 真冬の博多湾はウキ釣りが好調だった!

 

とても穏やかな天気。

 

気温は8度しかありませんが、無風ということもありホッカイロを背中に張り付けたら寒さも気にならなく釣りができました。

 

 

 

さーてと、釣りですが今回も青虫をエサにしたウキ釣りでクロを狙ってみました。

 

1投目から幸先よくアタリがあり釣れたのは冬の釣りの主役メバルです。

 

サイズは15センチ前後ですがよく釣れます。

 

メバルを狙えば数も型も狙えそうです。

 

Img_1919

 

次に釣れたのは10センチくらいのコッパクロ。

 

水温も下がってますが活性は高いみたいです。

 

Img_1921

 

コッパの次はアラカブ20センチと15センチが釣れて20センチの方だけをキープします。

 

Img_1923

 

アタリも毎投ありましたが、ポイントと魚種の狙いがなかなか定まりません。

 

何が釣れるか分からないので、これはこれで楽しめる釣りなんですが…。

 

 

 

小物ばかりの釣りを楽しんで1時間以上経った頃、やっと本命クロ22センチが釣ることが出来ました。

 

Img_1924

 

セイゴも釣れましたが、25センチくらいだったのでリリースします。

 

Img_1925

 

今回の持ち帰りはクロとアラカブです。

 

2匹ともお煮付けで頂きました。

 

 

 

一応釣れたので写真は撮りました。

 

Img_1926

 

 

 

 

|

2019年12月 3日 (火)

33センチのタケノコメバルが釣れた!

 

風もなく潮回りもいいので今回もクロ狙いに行ってきました。

 

1投目からアタリがあり、釣れたのは15センチくらいのメバル。

 

メバルを避けてクロを狙ってましたが、1時間くらいはメバルが相手をしてくれます。

 

アタリがある割には食い込みが悪く、針掛かりしたのはたったの3匹でした。

 

Img_1906

 

潮が動かなくなってからは1時間ほど青虫が取られなくなります。

 

再び潮が動き、アタリが出始めて待望のクロ23センチが釣れました。

 

Img_1907

 

海の中のことはよく分かりませんが、潮の動きが良くなったのでしょう。

 

次もクロが釣れましたが手のひらサイズなのでリリースします。

 

サイズアップを狙って同じポイントを流してると、今までと違うモゾッとしたアタリがウキに出ます。

 

合わせると乗りました。

 

良型ですが、チヌやクロとは引きが違うので何が釣れたのか分かりません。 

 

暗い海面に浮かせた姿は海藻みたいに黒い…。

 

なんだ!?

 

タモで掬い上げライトを照らして驚きました。

 

33センチのタケノコメバルです。

 

Img_1910

 

クロは刺し身にして、タケノコメバルはお煮付けで家内と一緒に頂きました。

 

美味かった!

 

 

 

|

2019年11月26日 (火)

いつまで釣れる? 本格的な冬も近い博多湾

 

11月も半ばになると夜釣りも寒いですね。

 

そろそろ車の中から竿先を眺める投げ釣りをしようかな。

 

車の中で温かいコーヒーを飲みながらの楽で寒くないな釣り…。

 

 

 

さーてと、今回もウキ釣りでクロを狙ってみました。

 

エサは時々取られますが、ウキには明確なアタリがでません。

 

チビメバルたちの仕業でしょうか? 

 

Img_1903

 

アジもいるみたいですが、釣れたのはこれ1匹でした。

 

Img_1905

 

2時間程の釣りで2匹の釣果です (汗)。

 

博多湾はこんな感じで釣れなくなってきます。

 

冬の釣り、いつまで更新できるかな…。

 

 

 

|

2019年11月21日 (木)

サイズアップのクロを狙ってみた

 

寒くなりました。

 

防寒対策はちゃんとせな風邪ひくばい!

 

 

 

クロが好調なので、青虫をエサにしたウキ釣りでクロ狙いです。

 

24センチがいるなら、25センチ超のクロも居るんじゃないか?

 

風もなくべた凪、潮は前日より動いてます。

 

クロの期待が高まりましたが、準備してるあいだに投げ釣りさんがクロポイントに入りました。

 

はい、終了!

 

 

 

どうするとな?

 

なんばしようと! なんて言えんとです。

 

釣り場はみんなのもの…。

 

 

 

戦意喪失でメバル釣りに切り替えてみたら15センチ~18センチのメバルが数匹釣れて楽しませてくれました。

 

ありがとね。

 

Img_1902

 

 

 

|

2019年11月18日 (月)

25センチのクロを狙いに荒津ふ頭へ行ってみた

 

今回も青虫をエサにしたウキ釣りでクロを狙ってみます。

 

20センチくらいのクロは釣れるので今回は25センチが目標です。

 

 

 

潮は中潮の上げを釣ることになります。

 

水温は驚くほど高くエサ取りがいるみたいで、青虫は取られますが針掛かりをしません。

 

本命ポイントを外して、広範囲に仕掛けを投入してもエサだけを取られます。

 

中潮なのに潮が動かないのも変ですね。

 

それでも時間が経てば何かが変わるだろうと、ポイントを変える釣りを続けていたら待望のアタリがありました。

 

10センチくらいのフグ。

 

Img_1891

 

このフグが釣れるまでに30分以上経ってます。

 

今日はこれで終わりかもしれない…、フグ1匹でどんな記事を書こうか? 完全に諦めモードで考えたりもしてました。

 

 

 

フグが釣れてから30分以上経ったころ、15センチのメバルが釣れましたが、これも1匹で終わり。

 

Img_1893

 

これでメバルとフグの記事が書けます。

 

 

 

1時間以上やってこの釣果!

 

いつ帰ろうかな?集中しないで釣りをしてると突然ウキが沈みました。

 

24センチのクロです。

 

Img_1895

 

1枚目に気をよくしましたが後が続きません。

 

1枚目はたまたま、そろそろ止めようとした時に、またもクロのアタリ!

 

嬉しい23センチを追加することができました。

 

Img_1896

 

大きさが違い過ぎる様に写ってますが1センチしか違いません。

 

クロは煮付けにして頂きました。

 

Img_1901

 

 

 

 

 

 

|

2019年11月13日 (水)

須崎ふ頭でウキ釣り

 

今回は青虫をエサにしたウキ釣りです。

 

さーて、何が釣れるかな?

 

 

 

釣りに行く前は、天気予報と実況天気をチェックして出掛けてますが、いつもの釣り場へ着いてみると釣りが出来ないくらいの強風が吹いてます。

 

荒津ふ頭を諦め風裏になる須崎ふ頭の西側へ行ってみました。

 

釣れてないのか釣り人は一人もいません。

 

貸し切り状態で釣り始め!

 

50メートル程を少しづつ移動してポイントを探しますが青虫が無傷で戻ってきます。

 

 

 

風もないがアタリもない!

 

 

 

おまけに雨まで降りだす始末。

 

風も強いし移動する気になれなかったので車の中で待機します。

 

 

 

雨も小降りになったので竿出しすると、1度だけアタリあり17センチのメバルが釣れました。

 

Img_1888

 

これからの季節は寒さも厳しく魚たちも釣れなくなりますが、何か1匹でも釣れれば更新するようにしたいと思います。

 

何も釣れない日が続いた時は、青虫の写真でもよかですか?

 

 

 

 

|

2019年11月 9日 (土)

荒津ふ頭でチヌのフカセ釣り

 

日曜日(3日) は家内がお昼過ぎまで仕事ということで、午前中だけ釣りに行くことにしました。

 

時間は十分あるので、久しぶりにフカセ釣りでチヌを狙ってみたいと思います。

 

チヌはまだ釣れるでしょうか?

 

 

 

マキエを撒いて釣り始めると何かにツケエが触られてますがチヌではなさそうです。

 

何か小魚がオキアミにいたずらしてるのでしょう?

 

オキアミが少しづつボロボロになります。

 

正体も分からないまま時間が過ぎていく、のんびりとした釣りです。

 

 

 

仕掛けやマキエの投入ポイントを変えたり、アタリのある場所を探してると、やっとアタリらしいアタリでウキがス-ッと海中に入っていきました。

 

合わせるとズシッとした重量感が手元に伝わってきます。

 

首を振ってるのでチヌだとわかります。

 

最初の1枚なので慎重にやり取りしてたつもりでしたが痛恨のバラシ。

 

ハリス切れです。

 

 

 

チヌが居ることが分かったので、ゆっくり仕掛けを作りなおし、次を狙いますがバラシの後はチヌらしいアタリはありません。

 

時々ウキを引き込むアタリで釣れるのは17センチくらいのアジ。

 

困ったエサ取りだなと思いましたが3匹しか釣れませんでした。

 

群れてはないかったみたいです。

 

 

 

潮の流れが変わってからはアジも釣れなくなりツケエも残るようになりました。

 

いい感じで流れているウキに集中してるとウキが入っていきます。

 

合わせると今日2度目の重量感が伝わってきました。

 

41センチのキレイなチヌです!

 

Img_1883

 

この1枚で満足出来たし、マキエも残り少なかったのでこれで納竿しました。

 

本日の釣果です。

 

Img_1887

 

 

 

|

2019年11月 2日 (土)

荒津ふ頭でクロ釣り

 

前日の釣りでクロが釣れたので今日はクロを狙ってみます。

 

仕掛けも同じ、青虫をエサにしたウキ釣りです。

 

アジが来ないことを祈りながらタナは2ヒロからスタートしました。

 

ところが1日経っただけなのに今日はアジがまったく居ません。

 

アジが居ると忙しいのでのんびり釣りが出来ないところでしたが、これならクロ釣りに集中できます。

 

狙ったポイントに仕掛けを投入。

 

電気ウキの灯りを眺めながら流してると15センチくらいのメバルが釣れましたがリリースします。

 

もう少し大きければ喰ってやりますが…。

 

Img_1871

 

次に釣れたのは、狙いどうりのクロです。

 

前日のクロよりちょっとサイズアップした21センチでした。

 

Img_1872

 

よしよし、あと1枚。

 

同じポイントを続けて流すと直ぐにアタリがあります。

 

釣り上げてみると見慣れない珍しい魚です。

 

ゴンズイが釣れたこともあるし、暗いし毒針があるかもしれないので触らないよう慎重に針を外し写真だけを撮ってリリースしました。

 

あとで調べてみたらシマイサキという魚で食べられるみたいです。

 

20センチは越えていたのでもって帰ればよかった…。

 

Img_1873

 

今日は魚の活性が高いのでいろんな魚がよく釣れます。

 

次のゲストは10センチくらいのミニアラカブ。

 

早く大きくなれよ~。

 

Img_1875

 

このお方まで来ました!

 

こいつが現れてからは暫くフグが続きます。

 

Img_1877

 

フグを避けること考えながら、タナを少し深くした時です。

 

ウキがゆっくりシモリます。

 

合わせると今日一の引きです!

 

良型のクロかと思いましたが、首を振ってるのであの魚でしょう…。

 

34センチのチヌでした。

 

Img_1880

 

クロ1匹では少ないのでチヌもキープします。

 

本日のお持ち帰りです。

 

Img_1881

 

 

|

2019年10月29日 (火)

ウキ釣りでフッコを狙ってみた

 

どこに行こうか?

 

何釣りをしようか?

 

迷った末に荒津ふ頭でウキ釣りをすることにしました。

 

いつもと大して変わらんとです。

 

 

 

今回は青虫をエサにしたウキ釣りです。

 

狙いはフッコでしたが1投目からアジが釣れます。

 

美味しいのでキープします。

 

今日はアタリが直ぐにあるので楽しめますが次もアジです。

 

まぁ、キープしときます。

 

その後もアジです。

 

アジ、アジ、アジ…。

 

アジしか当たりません。

 

ターゲット変更!

 

アジ狙い!! 

 

アジの大漁じゃ、と思われましたがバラシもあり、釣り上げたのはたったの6匹。

 

 

 

1時間程の時合も終わりアジもどこかに行ったのでしょうアタリがなくなります。

 

ポイントを変えたりタナを変えたりしてるとチビメバルが釣れました。

 

2匹釣れましたが15センチくらいなのでリリースです。

 

Img_1863

 

アタリも遠のき退屈してるとウキが消し込まない怪しいアタリ。

 

合わせると今までとは違う重量感のある引きで釣れたのは20センチのクロです。

 

こいつはキープ!

 

クロは2匹釣れましたが2匹目は10センチくらいだったのでお帰り頂きました。

 

Img_1864

 

本日の釣果。

 

Img_1866

 

アジは4匹をフライにして残り2匹とクロを刺し身で頂きました。

 

Img_1869

 

Img_1870

 

 

 

 

|

2019年10月23日 (水)

荒津ふ頭でフッコを狙ってみた

 

見える魚は釣れない!

 

見えない魚も釣れんとです。

 

 

 

今回も荒津ふ頭で探り釣りです。

 

探りながら暗い海面を見てみると…。

 

 

 

ん!?

 

なんだあれは?

 

頭の部分が20センチくらいはある魚が泳いでます。

 

スズキだとしたら60センチはあるかな?

 

近くに投げても青虫には反応しません。

 

エサは何がいいのだろう?

 

獲物を追ってるような泳ぎじゃないから食い気はないが釣りたい。

 

大物が居ることが分かれば釣りたくなる。

 

こいつを釣るにはどうしたらいいのだろう…?

 

1週間考えてみます。

 

 

 

本日の探り釣りの釣果。

 

手のひらに収まるサイズのチヌ。

 

Img_1859

 

20センチと19センチのタケノコメバル。

 

Img_1861

 

よく考えたら次行ってもそいつが居るわけないか…。

 

 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

料理 日記・コラム・つぶやき 釣り