« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月29日 (火)

ウキ釣りでフッコを狙ってみた

 

どこに行こうか?

 

何釣りをしようか?

 

迷った末に荒津ふ頭でウキ釣りをすることにしました。

 

いつもと大して変わらんとです。

 

 

 

今回は青虫をエサにしたウキ釣りです。

 

狙いはフッコでしたが1投目からアジが釣れます。

 

美味しいのでキープします。

 

今日はアタリが直ぐにあるので楽しめますが次もアジです。

 

まぁ、キープしときます。

 

その後もアジです。

 

アジ、アジ、アジ…。

 

アジしか当たりません。

 

ターゲット変更!

 

アジ狙い!! 

 

アジの大漁じゃ、と思われましたがバラシもあり、釣り上げたのはたったの6匹。

 

 

 

1時間程の時合も終わりアジもどこかに行ったのでしょうアタリがなくなります。

 

ポイントを変えたりタナを変えたりしてるとチビメバルが釣れました。

 

2匹釣れましたが15センチくらいなのでリリースです。

 

Img_1863

 

アタリも遠のき退屈してるとウキが消し込まない怪しいアタリ。

 

合わせると今までとは違う重量感のある引きで釣れたのは20センチのクロです。

 

こいつはキープ!

 

クロは2匹釣れましたが2匹目は10センチくらいだったのでお帰り頂きました。

 

Img_1864

 

本日の釣果。

 

Img_1866

 

アジは4匹をフライにして残り2匹とクロを刺し身で頂きました。

 

Img_1869

 

Img_1870

 

 

 

 

|

2019年10月23日 (水)

荒津ふ頭でフッコを狙ってみた

 

見える魚は釣れない!

 

見えない魚も釣れんとです。

 

 

 

今回も荒津ふ頭で探り釣りです。

 

探りながら暗い海面を見てみると…。

 

 

 

ん!?

 

なんだあれは?

 

頭の部分が20センチくらいはある魚が泳いでます。

 

スズキだとしたら60センチはあるかな?

 

近くに投げても青虫には反応しません。

 

エサは何がいいのだろう?

 

獲物を追ってるような泳ぎじゃないから食い気はないが釣りたい。

 

大物が居ることが分かれば釣りたくなる。

 

こいつを釣るにはどうしたらいいのだろう…?

 

1週間考えてみます。

 

 

 

本日の探り釣りの釣果。

 

手のひらに収まるサイズのチヌ。

 

Img_1859

 

20センチと19センチのタケノコメバル。

 

Img_1861

 

よく考えたら次行ってもそいつが居るわけないか…。

 

 

|

2019年10月17日 (木)

風裏を探して東浜へ行ってみた!

 

台風の影響で北寄りの風が強いので、今回は珍しくホームを離れ風裏になる東浜へ探り釣りに行ってみました。

 

ここでの竿だしは初めてなので適当に車を停めて探り始めますがアタリがありません。

  

後から来たルアーマンが直ぐに良型のシーバス釣り上げました。

 

居ることが分かりましたが、青虫には興味がないみたいです。

 

30分粘ってもアタリが無いので諦めて場所を移動します。

 

 

 

次に向かったのは須崎ふ頭です。

 

西側に行ってみると停泊中の船が多いし、釣り人も多く竿を出す場所がありません。

 

仕方なく都市高下で風を受けながら探り歩いてると今日初のアタリがあります。

 

1ヒロから探り始めてボトム付近でアタッたので、もしかしたらと思ったらやはりハゼです。

 

Img_1852

 

この風でも釣りが出来るならと荒津ふ頭へ移動です。

 

荒津ふ頭では1投目からエサを取られます。

 

しかし、風のせいでアタリが取り難く、エサだけを取られるだけで青虫も無くなってしまいました。

 

正体は分からないまま釣り終了。

 

 

 

翌日は風も凪いで釣り日和。

 

荒津ふ頭のいつもの場所へ行ってみると、べた凪で丸いお月さまと星が見えるほど天気も良く潮も大潮。

 

まったくアタリがありません。

 

今日もダメばい!

 

移動する気にもなれなかったし、時間も経てば少しは状況が変わるかもしれないので、同じ範囲を何度も往復して探ってるとセイゴかと思うよなアタリで釣れたのは22センチくらいのキビレ。

 

Img_1853

 

これで記事が書けるとホッとしますが、その後もアタリがありません。

 

 

 

半歩ずつ丁寧に探ってると何かが釣れます。

 

暗かったので何か分からなくライトを当ててビックリ!

 

なんとゴンズイです。

 

私も 驚きました。(笑)

 

博多湾で釣るのは初めてで居ることにも驚きです。

 

触らなくてよかった。

 

食べると美味しいらしいのですが…。

 

Img_1856

 

ゴンズイの後は何も釣れることなく時間だけが過ぎます。

 

30分程経ったでしょうか、小さなアタリ出るようになり、エサも取られるようになります。

 

その小さなアタリで釣れたのは久しぶりのタケノコメバル。

 

Img_1857

 

そういえば今日はセイゴもメバルの姿もありません。

 

そろそろ止めようとしてた時に25センチくらいのキビレとチビメバルが釣れて納竿しました。

 

Img_1858

 

昨年はミニセイゴの入れ食いでしたが、今年はゴンズイの入れ食いか?(汗)

 

 

 

 

 

 

|

2019年10月 8日 (火)

家内と私の二人分の魚を釣りに荒津ふ頭へ行ってきた

 

前日の釣りで30センチのセイゴと19センチのアラカブが釣れました。

 

持ち帰りましたが家内と二人で分けるには少ないし調理法にも悩みます。

 

セイゴは塩焼きにして食べたいし、アラカブは煮つけにしたい。

 

 

 

解決方法は?

 

連休だしもう一度釣りに行く!(笑) でした。

 

しかし、そううまく狙った魚が釣れるわけでもないので確率を上げるため、今回はウキ釣りと探り釣りの二刀流です。

 

 

 

場所も前日と同じ荒津ふ頭です。

 

まずはウキ釣りの準備。

 

オキアミをエサに放置しときます。

 

そして、青虫をエサにした探り釣りで探り歩きましたがアタリがない!

 

 

 

マズいぞ!

 

今日はセイゴの30センチとアラカブの20センチを釣らなければいけない(笑)。

 

普段の釣りは何でもコイ!コイ!来るもの拒まずの釣りですが今回は一丁前に目標を立てて狙ってます。

 

前日と違い、べた凪で活性も低いみたいです。

 

ウキ釣りは一度も餌を取られことなく終了。

 

探り釣りはポツリポツリのアタリを拾って奇跡を起こしました。

 

30センチのセイゴと18センチのアラカブを釣ることができました。

 

アラカブは1センチ小さいですが上出来です。

 

アラカブは煮付けにして家内と二人で頂きました。

 

Img_1849

 

翌日はセイゴの塩焼です。

 

食べることしか頭になかったので写真を撮り忘れてしまった。

 

ほんと美味かった!

 

 

 

料理の写真は難しいとです。

 

 

 

 

|

2019年10月 2日 (水)

須崎ふ頭~荒津ふ頭を探ってみた

 

探り釣りも面白くなってきたので、フッコサイズのスズキを狙おうと須崎ふ頭へ行ってみました。

 

今年58センチが釣れた西側からスタート!

 

停泊してる船の間を1往復しましたがアタリがないので先端へ移動。

 

ここではサゴシ狙いでしょうか3名ほどが電気ウキを浮かべて釣りをしてます。

 

邪魔にならない場所から10メートルほど探りましたがモゾッとしたアタリが1回だけでした。

 

先端の後は高速下を探りましたがアタリがありません。

 

ここで須崎ふ頭は諦めいつもの荒津ふ頭へ。

 

 

 

マイポイントでは直ぐにアタリがあり釣れたのは前回と同サイズのキビレ。

 

20センチくらいばかりでなかなか大きいのが釣れません。

 

Img_1832

 

次に釣れたのは15センチのメバル。

 

今回もメバルは何匹か釣れると思いましたがこれ1匹で終わりました。

  

Img_1835

 

ミニセイゴも1匹釣れます。

 

水温も下がり始めて数が増えてきてるのでしょう?

 

昨年みたいにミニセイゴの入れ食いにならなければいいなぁと思ってると30センチのセイゴが釣れました。

 

これは塩焼きにしようとキープします。

 

Img_1839

 

退屈しない程度の釣りを続けてましたが、納竿前には嬉しいお土産も釣れます。

 

19センチのアラカブです。

 

こいつも煮つけにして食ってやりたいのでキープします。

 

Img_1840

 

今回の持ち帰りはセイゴとアラカブ。

 

塩焼きと煮つけにしたいけど家内と2人で食べるには足りません。

 

連休なので、また探りに行ってみましょう。

 

2日目につづく…。

 

 

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »