« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月29日 (水)

荒津ふ頭でフカセ釣りをしたらキビレが釣れた!

 

荒津ふ頭でもチヌが釣そうなのでフカセ釣りをしましたが潮も動かないしエサ取りもいません。

 

3時間ほど頑張って釣れたのはアジ1匹。

 

Img_1789

 

このまま終わりたくなかったので2週続けて行ってみました。

 

しかし、先週と同じで潮が動かず状況が変わってません。

 

 

  

このポイントは右に流れる時によくアタリますが何故か先週から潮がまったく動かないのです。

 

いつ動き出すのかわからないし、どうしようか考えてたら突然ウキが入りました。

 

キビレ22センチと小さいですがこの状況では嬉しい1枚です。

 

Img_1791

 

これで期待も高まりましたが、また沈黙が続きます。

 

 

 

2時間ほど経ってマキエも効いてきたのか小さなアタリがウキ出るようになります。

 

活性が上がったようにも感じましたがウキが消し込まれたのは3度だけ。

 

針ごと持って行ったフグと投げ釣りでは釣れなかった良型のハゼ。

 

最初に釣れたキビレと同サイズのキビレで納竿しました。

 

Img_1792

 

画像を見ると小さく見えますが間違いなく小さいです。

 

20センチ前後の魚を釣るのは得意とです。

 

 

 

 

 

 

|

2019年5月21日 (火)

須崎ふ頭を2日続けて探ってみたが…

 

ヘッドライトを購入しました。

 

Img_1779_2

 

明るさは55ルーメンと低めなので悩みましたが安かったので決めました。

 

手元を照らすだけだし十分明るかったです。

 

老眼鏡と併用で針の結びも問題なく出来ました。

 

 

 

さーてと。

 

いつもチビメバルばかりで飽きてきたので場所を変えてみます。

 

荒津ふ頭よりも水深のある須崎ふ頭で探り釣りをやってみました。

 

まずは北側の先端から探り釣りスタート!

 

ここは車の横付けが多くあまり広く探ることが出来ません。

 

10メートルくらいを往復しようと思ってましたら直ぐにアタリです。

 

1ヒロから2ヒロの間でチビメバルが釣れます。

 

サイズアップを狙ってましたが、ゴミの漂流が多くて釣り断念10分ほどで場所移動。

 

都市高の下へ来てみましたが、ここはどのタナを探ってもアタリがありません。

 

何か釣れそうなポイントなんですけど…。

 

西側を見てみると車が少なかったので西側へ移動してみます。

 

そこで15センチくらいのメバル釣れました。

 

Img_1785

 

あまり歩かず10メートルくらいの範囲を往復してますとメバルとは違うアタリです。

 

チビメバルより力強く引く魚は20センチのタケノコメバルでした。

 

Img_1786

 

初日はそれで納竿です。

 

 

 

2日目も北側先端から釣り始めましたが昨日よりも活性が下がってます。

 

20メートルほど探ってチビメバル1匹。

 

30分で諦めて昨日タケノコメバルの釣れた西側へ移動してみましたがここでもアタリません。

 

止めようかとしたときにボトム付近で何か掛けましたがバラシてそれっきりまたアタリがなくなり終了。

 

 

 

100メートルほど離れて釣りをしてる人の竿が曲がってます。

 

タモ入れしてたの良型でしょう。

 

何が釣れたか気にはなりましたが見には行きませんでした。

 

 

 

 

|

2019年5月17日 (金)

G.W釣行⑤ キスの天ぷら美味い!! 連休最終日もキス釣りに行きました。

 

キスの天ぷらは家内も喜んでくれました。

 

 

 

ゴールデン・ウィークの最終日は荒津ふ頭でキス釣りです。

 

前回がたまたまだったかもしれないと不安はありましたが2、3投目からアタリがありました。

 

今年の博多湾のキスは好調みたいですね。

 

サイズは最大で18センチくらいで、なかなか20センチは超えられません。

 

3時間程の釣りでしたがキス11匹、リリース3匹。

 

他にハゼとフグとカニが釣れました。

 

Img_1774

 

家内と2人だけなので食べ応えあります。

 

Img_1782

 

次はキスの握りを食べてみたいなぁ…。

 

 

 

 

|

2019年5月14日 (火)

G.W釣行④ ウキ釣りで荒津ふ頭のメバル探し

 

ゴールデン・ウィークは終わってますが、まだゴールデン・ウィークの釣り記事です(汗)。

 

 

 

今日は風も凪いだので北向きの荒津ふ頭のどこからでも風を気にせず竿を出せます。

 

しかし、30分以上経ってもアタリがありません。

 

アタリがなければ直ぐに移動するつもりでいたのでポイント移動しましたが、どこに行ってもアタリがありません。

 

なぜだろう?

 

考えてもわからないので潮のせいにしときます。

 

 

 

行く場所もなくなって最後のポイントで粘ってたらチビメバルが釣れました。

 

それからバタバタと釣れて30分で8匹!

 

時合だったのでしょう?

 

普段は釣れたら即リリースをしますが、今回はキープするのでバケツに活かしておきます。

 

集合写真を撮った後3匹だけお吸い物行きです。

 

Img_1762

 

メバルのお吸い物。

 

Img_1766

 

前日、三男が釣ったチヌは一晩寝かせて私が捌きました。

 

料理が苦手な男の刺身。

 

Img_1769

 

………。

 

 

 

言いたいことはわかります。(笑)

 

見た目はともかく味は旨味が増していて美味しかったとです。

 

 

|

2019年5月10日 (金)

G.W釣行③ 荒津埠頭で三男とフカセ釣りをしたらチヌが釣れた!

 

ゴールデン・ウィークは10連休になりませんでしたが、それでも9日間も休みを頂きました。

 

後半は天気もよくなるし大した予定もないので釣りができそうです。

 

 

 

10連休で帰省中の三男が「チヌ釣りに行きたい」と嬉しいことを言ってくれたので荒津ふ頭へ行ってきました。

 

チヌはまだ早い気もしますが、キスやメバルを釣るなら行かないと一言。

 

一緒に釣りが出来れば釣れなくてもいいかと思いながらフカセ釣りをやってみたのですが…。

 

 

 

撒き餌を作って三男の仕掛けも作り三男釣り開始!

 

私はのんびり三男の釣りを見ながら準備をしてたら三男が竿を曲げてます!

 

Photo_3

 

早すぎるなぁ、30分も経ってません。

 

「何が釣れたの?」と聞くと、「チヌだと思うけど、あまり引かないからそんなに大きくはない」と三男。

 

浮いてきた魚体を見て驚きました。

 

三男の自己記録更新の46センチのチヌです。

 

Photo_5

 

チヌが居ることが分かったので私も釣ってやろうと釣り始めましたが1時間経っても2時間経ってもアタリがありません。

  

3時間が過ぎ、撒き餌も残り少なくなってきたので私は早めに納竿しました。

 

片づけをしてると三男がまた竿を曲げてます。

 

Photo_6

 

27.5センチと1枚目よりかなり小さいですが三男2枚目です。

 

 

 

まったくアタリが無かったのに…。

 

???

 

わかりました。

 

そういうことか。

 

私が竿を出さなかったら釣れる。

 

なしかえ!

 

  

 

ゴールデン・ウィークは一緒に釣りが出来たし、三男がチヌを釣ることも出来たのでヨシとしましょう。

 

来年、また行こうな!

 

 

|

2019年5月 6日 (月)

G.W釣行② 令和最初の釣りでメバルが釣れた。

 

平成最後に釣れたのはキス。

令和最初に釣れたのはメバル。

平成最初に釣れたのは憶えてません(笑)。

 

 

 

キス釣りで青虫が残ったのでウキ釣りをしてみます。

 

探り釣りでは狙えないポイントを探ってみようと荒津埠頭へ行ってみましたが予報よりも北よりの風が強い!

 

北向きの荒津ふ頭はどこも風を受けます。

 

なんとか釣りができそうな場所を探して竿を出しますが、ラインが風に取られ仕掛け馴染みません。

 

アタリがなかなか出ないなぁ。

 

歩きながら探っていくとアタリの出るポイントがわかりました。

 

釣れたのは12センチくらいのチビメバル。

 

それからは毎投アタルようになって、12~15センチくらいが1時間で10匹くらい釣れたところで納竿です。

 

気温も高くなって防寒対策をしてなかったところに霧雨と風で寒かったからです。

 

Img_1760

 

同サイズのタケノコメバルも1匹釣れました。

 

Img_1761

 

帰宅後、家内から「どうしてメバルを持って帰らないの?小さくても15センチくらいならお吸い物になるから」と言われました。

 

目標は30センチ (笑) でしたが30センチだとお椀に入らないので、次は15センチでも2匹だけ持って帰りましょう。

 

そうなると15センチが難しくなるんだよね、釣りっていうのは…。(笑)

 

 

 

 

|

2019年5月 2日 (木)

G.W釣行① 荒津埠頭で24センチのキスが釣れた!

   

カレイ釣りに行ったとき15センチくらいのキスが釣れたのでゴールデン・ウィークの一発目はキス釣りに行ってみました。

 

キス釣りは毎年6月から行ってますがピンギスで終わってます。

 

今の時期の方が型がいいのかも?

 

 

 

朝マズメから竿を出して1投目で16センチのキスが釣れます。

 

開始15分で同型がなんと3匹!!

 

自分にとっては珍しく幸先のいいスタートとなりました。

 

アタリのほとんどはキスだと思いますが珍客も釣れたりもします。 

 

Img_1738

 

何度か針まで持って行かれました。

 

Img_1739

 

いつもならリリースするハゼも今日はキスと一緒に天ぷらにしてやります。 

 

Img_1740

 

用事があったので3時間程の釣りでしたが、キス15匹 (最大24センチ) ハゼ2匹と上出来です。

 

博多湾にもこのサイズがいるんですね。

 

Img_1741

 

24センチのキスは刺身にして他は天ぷらで頂きました。

 

Img_1759

 

Img_1757

 

 

 

 

 

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »