« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月20日 (水)

モエビと青虫で探ったらどちらが釣れる?

 

まだ田舎にいた頃、ため池で名前も分からない海老を掬っては、ウキ釣りでメバルを釣ってました。

 

そうだ! モエビでやってみるか!

 

仕事帰りにモエビを買おうと釣具屋に寄ってみたのですが売ってません。

 

今度、網でも買って川でガサガサしてみようとかと考えてたら、何年か前に24時間営業の釣り具屋でモエビを買った事を思い出し、早良区にある釣り具屋まで行ってモエビと青虫を購入しました。

 

ちょっと小さいなぁと思いつつ、とりあえずはモエビが手に入ったので荒津埠頭を探ってみます。

 

Img_1717

 

モエビなので直ぐにアタルだろうと、少し雑な釣りをしながら探ってましたが、まったくあたりません。

 

いつもは、青虫で直ぐにあたるポイントなのに今日は活性が低いのか?

 

もう一度、同じポイントを丁寧に探っていくと、なんとかチビメバルを釣ることが出来ました。

 

Img_1718

 

魚が居る事が分かりましたが、やっぱりアタリは少ないし針掛かりもしません。

 

エサも十分あるので、モエビのエサで釣り続けていると今日一の引きで何かが掛かりました。

 

バラさないよう慎重になって釣り上げたのは19センチのメバルです。

 

Img_1720
  

大きなモエビから使っていたので残りが小さいモエビだけになってきました。

 

大きなモエビだとアタリはありますが、小さいとあまりアタリがありません。

 

エサを青虫変えて深ってみることにしました。

 

するとタナ1ヒロでチビメバルの入れ食いの始まりです。

 

モエビだとあたらなかったのに…。

 

アタリは多くなりましたが、釣れるのは10センチ前後のチビばかり。

 

チビ達を避けるようにボトムから探ってみると、今度はチビメバルと同サイズのアラカブがきてくれました。

 

サイズは変わらないしアタリも無くなってきたので終了です。

 

Img_1723_2

 

今回は気温も10度を超えていたので、寒さも気にならず釣り易かっかですね。

 

スギ花粉の飛散も終わったし体調も良くなってきました。

 

また、行こっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2019年3月12日 (火)

そろそろ魚達も動き始めた? 荒津埠頭で探り釣り

 

花粉症も少し楽になってきたので、釣りに行く気にもなってきました。

 

 

 

久しぶりに探り釣りをやってみようと、前回残った青虫を持って荒津埠頭に行ったのですが、青虫を見たら終わってました。

 

せっかく来たので動かない青虫で釣りをしてみます。

 

動きはありませんが、匂いは10倍くらい増してるので集魚力があるかもしれません?

 

針に刺してるとブチブチ切れてエサ持ちは悪いそうです。

 

さーて、何が釣れるかなーと。

 

なんと!?

 

直ぐに釣れたのは16センチのタケノコメバル。

 

Img_1714

 

年末くらいは、10センチ前後のチビ達を相手にしてたので、16センチになるとそれなりに重量感があり良型か?と思って少しドキッとしました。

 

このエサでも釣れることが分かったので、活きのよさをアピールするように誘いをいれます。

 

ボロボロのエサで次に釣り上げたのは15センチくらいのアラカブ。

 

Img_1715

 

それからは、何故かアタリもだんだんと遠のき、青虫も残ってましたが終了しました。

 

今思えば、海の中はこんな感じだったのでしょうか?

 

 

 

青虫が泳ぎよるぞ♪

 

美味そう!

 

頂きまーす!

 

うぁ、マズかー!

 

腐っとるー!

 

こりゃ、喰われんばい!

 

 

 

すんません。 (*_ _)人

 

次は、ピッチピチのエビを用意しますので食べて下さい。

 

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »